FC2ブログ

プロフィール

westpalm

Author:westpalm
(有)二十萬石ウエストパーム
埼玉県川越市にあるJET・トレーラー販売、修理屋です。
KAWASAKI・YAMAHA正規代理店 JETの事ならなんでもおまかせ下さい
日々の出来事をUPしていきます。
http://westpalm.jp

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総アクセス合計

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

キャブの中身

IMG_0180_convert_20090310154656.jpg

これって、キャブのガスケット。

IMG_0181_convert_20090310154713.jpg

ひとつのキャブに10点以上の部品で構成されています。
どれも、重要な部品でひとつでも劣化すると機能しません。

大まかに、燃料タンクからガソリンを吸い上げる為のポンプ部分
ビードロ細工みたいにペコペコします。
これが、劣化しますとガソリンの吸い上げが悪くなり・・・
バッテリーとスターターモーターに負担がかかります。

次に燃料調整(燃調)のダイアフラム(黒い丸いの)
これが、絶えずガソリンに浸っていて劣化します。
劣化すると・・・やはりエンジンのかかりが悪くなり、バッテリーとスターターモーターに負担がかかります。
又、燃調が出来なくなり陸では吹けるが、水につけるとかぶる。
かかりは、悪いが1度エンジンがかかれば水の上では絶好調
この絶好調がヤバイ
エンジンが焼きつきます。

その他、燃料フィルター 燃料タンクの中にもフィルターはありますが、
キャブの中にもついてます。
これが、詰まるとやはり焼きつきの原因のひとつです。

今回はキャブのOHの必要性を書いてみました。

しっかり、メンテして今年の夏も楽しく エンジョイ しましょ。

By てんちょ
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

<< YAMAHA SHO Cruiser | ホーム | 各種バッテリー 大量入荷 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP