FC2ブログ

プロフィール

westpalm

Author:westpalm
(有)二十萬石ウエストパーム
埼玉県川越市にあるJET・トレーラー販売、修理屋です。
KAWASAKI・YAMAHA正規代理店 JETの事ならなんでもおまかせ下さい
日々の出来事をUPしていきます。
http://westpalm.jp

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総アクセス合計

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

便利な物を購入してみた。

IMG_6152.jpg

昔から欲しかった道具

思い切って購入したぞっ

以前なら10万円はしたけど・・・

IMG_6153.jpg

何を買ったかと言うと・・・

バッテリテスター

購入したのは10月頃だった。

今更と思うかもしれないが、

冬期メンテナンスが本格化する前に購入してみた。

ホットウォーターマガジンの雑誌を購入した方はご存知だと思うが

このテスターが必須なのは 特にカワサキが使用している

シールドバッテリーの為 ・・・

メンテナンスフリー(MFバッテリー)とか密閉型とかも言われているが

IMG_6154.jpg

通常、開放型バッテリー(蒸留水を補充)はキャップを開けて

バッテリー液を採取し比重を計れば バッテリーの寿命が見えるわけだが

MFバッテリーはご存じのとおり キャップが密閉されていて

基本 バッテリー液を抜くことが出来ない訳である。



過去にお客様より何度もバッテリーが駄目そうなら

交換しといて・・・と頼まれる訳だが

バッテリー寿命であるサルフェーションやバッテリー液の濁りなど

確認できない。


唯一、確認する方法として

①満充電をする。(充電を受け付けなければ交換)

充電終了後に負荷をかける(クランキングなど)か 1時間以上放置する
充電直後は表面電化と言って、どんなバッテリーでも13Vとかあることが多い
この表面の電気を取り除かないと 計測出来ない訳である。

②表面の電気を取り除きテスターでナンボルトあるかを見る。

この時に13V台あると・・・ 
お客様はおおっ まだまだいけると勘違いするわけである。
それは、間違いで どこかのセル(2,1V×6)が短絡かサルフェーションを起こしている。

逆に、満充電して12Vとか11V以下だと寿命が近い(要交換)

12,7V前後 これがベスト 

こんな方法でしか見極めることができないわけだが

それを、簡単に判断してくれるのが今回 購入したテスター

擬似的にマイナス18度の環境の中で負荷をかけた場合

30秒後に電圧が7,2Vとなる放電電流を測定する。

コールドクランキングアンペアー(CCA値)の測定器なのである。



寒い冬の朝 エンジンが始動しない・・・

なんて経験ある人も多いと思うが・・・

これはバッテリー性能も原因だが、冷えた固いOILのせいでもある。


まぁ・・・簡単にバッテリーを測定できる装置

もちろん、開放型も いちいちバッテリーを外して

バッテリー液を抜き取り 比重を計るなんて面倒な事からも解放されるし

GELバッテリーやAGMバッテリー(欧州車)なども測定できる。

US生産バッテリーはCCAが基準で必ずバッテリーに表記されてる。

YTX20L-BS(カワサキ)270CCA
YB16CL-B(ヤマハ)  240CCA


主に電装屋さんや、JAFなどがもっているテスターだが

思い切って、お客様の為に弊社も購入してみた 


今年の冬期メンテナンスでは、殆どのお客様に

プリントアウトして、バッテリー情報を添付してます。

購入してから、おもしろくて引き取った廃バッテリーを次々測定したが

すべて、要交換の全滅でした。

じゃ、

By てんちょ










スポンサーサイト



テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

<< 隠し撮り・・・して見た。 | ホーム | 冬期メンテナンス・・・巨大! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP